ベビーの歯磨きは動揺!

お口を開けると歯茎だけだった乳児も平均して半年ごろから歯が生え始めます。
ほとんどのキッズは下の前歯から生え取り掛かり、次は上の前歯、そして奥歯へというより生えていきます。
すると気になるのが歯磨きです。いつから始めたらいいのか、どのように歯磨きしたよいのか、夫人方も意識をなやませる会社だ。
乳児は果たして、口の周り、もちろん口の中に何かを突っ込まれることを本能的に嫌がります(大人もそうですよね)。ですので、最初に限るなのは口の中に歯ブラシを含めるのに慣れさせることです。
とはいえ、必ずややってみると児童とは思えない敵対にてしまう。
かく言う我が家の乳幼児も変更2書物ずつが生えそろえた通り、児童事項歯ブラシを買ってきて磨こうというしましたが
それはそれは恐ろしい敵対をしました。
ボクが磨く真似をして「こうやるんだよ」って見せてみても、見ている時は嬉しいのか笑っていますが、ほんとに自分の口に歯ブラシを入れられみたいになるという首をブンブン、お口は真一文字で取りつく島がありませんでした。
そこで、こちらから歯磨きをするのではなく、自分で歯ブラシを持たせてそれを加えて遊ぶ結果「なんちゃって歯磨き」から始めました。そうすると丁度歯固めのように歯ブラシをガシガシ噛んで歯磨きものの感じになりました。ですが、それ以上の開拓はなく、歯ブラシがただの玩具になってしまいした。
歯科衛生士くんの解説を聞く機会があり、相談してみたところ、歯磨きは人体やヘアーを洗う感じで児童が嫌がってもハッキリやるべき!との返事が。
その日からマイホームでは寝る前の児童との歯磨きの応戦が始まりました。最初はなかなか人体をよじっての敵対がありましたが、現在は「歯を磨くよ」というとしぶしぶですが磨かせてくれるようになりました。
その歯科衛生士くんから指導された者は、
・児童の意識を夫人の股にいれて、夫人の太ももを児童の肩の上にのせ意識を固定
→意識を固定することで余計な会社を磨かないので児童も痛くない
・口を開かせるときは唇の斜め上述から数字を入れる
→上唇の中位には歯茎に伝わる筋があるので中位を引っ張るって児童が痛がる
・最初は3秒ぐらいから、しだいに長くしていく
→小さな再生を差し向けるといった児童もわかってくる
この3つです。
乳児の歯磨きに耐える輩、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。