脂性肌(オイリー肌)は?

お肌は「肌質」という観点から大雑把に、「普通肌」、「乾燥肌」、「脂性肌(オイリー肌)」、「混合肌」の4つにわけて考えられます。この中で「脂性肌(オイリー肌)」は、最も敢然と自覚しているほうが多く、肌荒れが衰弱しやすいタイプと言えます。
この4つを並べると、どうも乾燥肌の対局に位置するのが脂性肌と誤解してしまうが、実はそうではありません。脂性肌は、簡単に言ってしまうと「何らかの原因で皮脂の分泌が過剰になっている肌」のことです。
一方、お肌の水分量が低下(30%以下)やる肌を「乾燥肌」と言いますが、脂性肌も乾燥しているケースがあり、そういったケースを最近では特に「脂性乾燥肌(オイリードライ肌)」と言ったりもします。
脂性肌に長年悩まれている方の中にはこの「乾燥」が見落とされている場合があるので、注意が必要です。脂性肌のメカニズムを簡単にご説明します。
脂性肌は、皮脂の分泌が過剰になっている肌のことですが、この皮脂の分泌を司っているのが男性ホルモンの一種「テストステロン」やステロイドの一種「アンドロゲン」です。
これらのホルモンは、皮脂腺を増やしたり、皮脂を合成したりと、皮脂腺の分泌活性を高める役割を担ってある。しかし、ストレスや務め、遺伝的要因などにより分泌が過剰になると、それにより皮脂の分泌も過剰になり、結果的に脂性肌になってしまうと考えられています。
これらのホルモンが分泌されるピークは思春期と、30代後半~40代にかけての2度あり、これらの時期は脂性肌になりやすい時期と言えます。特に思春期に脂性肌の傾向の強い女性では、アンドロゲンの影響で40歳くらいまで脂性肌の肌質が続きやすいと言われます。また、ホルモンとは別に、遺伝的に皮脂腺が大きいケースや、老化によって毛穴が開き皮脂が出やくなっているケースでも、脂性肌になりやすいようです。歯周病になると併発する病気ってなに?

やらかしたオジサン

僕の職場には50歳のオジサンがある。
ついこの間、その人がかなり盛大にやらかしてしまった話しです。

その日、僕とオジサンは2人で工事の仕事で、事前に現場直行で出勤する旨の打合せを通じていました。
僕が朝、先に現場に到着してオジサンを待っていたんですけど、予定時間を1時間も2時間も過ぎてもオジサンの姿はありません。
心配になって電話を掛けても繋がらない状態でした。

僕が自ら仕事を進め、昼休みに差しかかった時です。
オジサンが酒臭いにおいをプンプンとさせてやってきたんです。
オジサンは力のない声で「やっちまったぁ」と漏らしていました。

僕は遅刻の事情を聞いたんですが、要約するとこうです。
昨日の晩、オジサンは自ら夜の歓楽街に向かいました。
そこで、たまたま入ったフィリピンパブでお酒を飲んでいたんです。
オジサンは女の子に囲まれて気を良くしたのち、高いお酒をドンドン開けていきました。
豪遊を続けていくうちに酔いも回ってきてだんだんと意識が遠のいていきました。
気が付いたら朝で、街の路地裏で寝ていたそうです。

サイフの中身はすっからかんで、残っていたクレジットカードの明細書には、なんと40万円の支払いと書かれていました。
妻子がいるのですが、仕事が終わった後、奥さんにすべてを打ち明け土下座するつもりだそうです。

僕はその話しを聞くと、なんだかあまりにもオジサンがあわれに思い、怒るに怒れませんでした。

その後、奥さんには何とか許してもらったみたいですが、オジサンはカード類は全て没収、当分仕事以外の外出禁止となったそうです。
当然ですね。

僕もたまにお酒を飲むことがあるのですが、気を付けなければいけませんね。
僕の妻は、多分許してくれないでしょうね。http://perversevotzen.com/

苦手な女の集団

自分も女のくせにと言われそうだが、私は女性の集団が苦手です。
だから、子供が産まれて一番不安なのがママ友はでした。
そして、やはりというべきか幼稚園に我が子を通わせるようになると、あちらこちらに出来るのがママ友集団でした。
後からそこに入っていく程の勇気は持てない私は、居心地の悪さをひしひしと感じながらも子供のためにといつも幼稚園へと重い足を引きずるようにして向かっているのでした。
まあ私の場合、バス通園だから大して幼稚園に出向く機会は少ないけれど、だからこそ時折行く時には前日からお腹が痛くなってしまう。
そんな私の唯一の救いは、私というようなタイプのたった一人のママ友です。
今度の幼稚園の一斉お迎えも、待ち合わせして一緒に行くことになりました。
大人になってまで誰かと共に行かないと不安なんて情けないな、子供みたいと思うけど、みずから行って話せる知り合いが見当たらない時間はとても居心地の悪いものなんです。
そんな気持ちを話せるのもその人だけで、本当に存在にサンキュー。
彼女は子供を通じての知り合いだから、いちおはママ友という言葉で呼ばれるのかもしれないけど、子供関係なく友人と呼べるのが嬉しいです。
私と同じで集団になっている女性達が苦手という彼女のお陰で、何とか我が子の幼稚園の間は乗り切れていらっしゃる。
でも多分、実際にはいつも集団になっている母親たちも私も、あまり貫くみずからいたくない女性なのかもしれませんね。引越しのプランはどこの業者が一番安い?必ずやっておきたいポイントまとめ