トイレ成育半ば。何となくボトムスに酔いしれる子供です。

我が乳児も3年になりました。
2ヶ月前からはじめたトイレ促進も軌道にのぼりふりだし、「3年だから、再度お姉さんだもーん」といった得意げにトイレに行くようになりました。
お手伝い便座の設営だってお手の物。
はいちだって自分でふけるようになってきました(けれども、おとなが拭かないと少し不安ですが)。
おむつずれも少々かな、という感じです。

けれども我が乳児、ついついブリーフに対する執着心が酷い!
促進ブリーフも無地だと「ぱんつぽーい」という投げてしまってすっぱり履いてくれません。
アンパンマンがついていて、何とか渋々といった感じです。

乳児は普通の乳児境遇ブリーフの可愛らしいの、一際いちご君とか鳥君とかの上が特に期待。
どこに出向くにも「望ましいブリーフがいいの!」と言って、精神にくわないブリーフだと泣いていやがります。
誰が眺めるわけでもないのにね……。

普通の乳児境遇ブリーフを履くなら、せめて小便パッドをして欲しいですが……一際公園に行く時とか。
でも小便パッドをするとジャマみたいにかいかいしてるし、ひどいときは「いたーい」といった泣いてしまったり大変です。
おむつの時もじっくりお尻が赤くなってたから、父に似て、表皮がデリケートなのかな?
も、そのおかげでおむつジョーカーが流ちょうだから良しと考えるべきなのか……。

とか書いてる間に、やにわに一時払い失敗してしまったようです(父お作製内)。

少なく成功率100パーセントになるといいね。
踏ん張れ!モモンヌケアは楽天を安く買いたい!詳しく教えちゃいます!